FC2ブログ

横浜AEROSPACE

先尾翼機で1km定常飛行を目標に日々活動中!!

19代のご挨拶

こんばんは。なんやかんやで気が付いたら夏休みも終わり、あっという間に肌寒い季節になっておりました…。決して、ブログ係を押しつけあってたわけではないですよ?? この現代社会に生まれて、今さら「ブログってどうやって書くん? HTMLってなに??」なーんてなるわけないですよね~。
はい。何が言いたいのかと申しますと、19代、はじめました。
申し遅れました、ペラ班兼電装班の(副代表)でございます。おはようございます。

さて、大分スタートダッシュが遅れましたが、ついに19代執行の時となりました。
我々は18代の先輩方の倍以上の人員を誇りますが(それでも10人…)、戦力が人数に比例しているかと言えばそうもいかないのが現状です。現実ってキビシイ… それでもメンバーの仲が良いのが我々の良いところ!先輩方に助けられながら頼れる後輩たちとともに日々活動しています。
ここでそんな19代の愉快な仲間たちをご紹介!
ツッコミ担当班長・過激派☆天才主任設計・朝に弱々な副代表がうごめく不思議の国ペラ班
光の速さで仕事する班長・肉屋のs.s・なんと羽田がバイト先の会計による癒しの翼班
飲んだくれの班長・副設計・代表+ストイックすぎるパイロットの年齢高めメカ班
そして班長の副設計・副代表・肉屋がうっすら活動してる電装班
ここに20の9人を加えた4部隊で活動していきます!え?だんだん紹介が雑に?眠いの許して

ここでの紹介は遅くなりましたがきちんと活動はしているんですよ!
9月末に立命館(滋賀)で行われたHPA交流会に始まり、伊豆大島での合宿、メカ班破壊試験、翼班破壊試験、ペラのテストピース製作、そして常盤祭などなど… あ、わりと活動してますね。書いてて気づいちゃった
そして、なんといっても今年の機体は一味違う(予定)のです! 相変わらず先尾翼ではありますが、機構が変わってプロペラの位置が変わったり、プロペラの作り方も変わったり、など至るところで改革が起きているのです…! ついでにお掃除でも有能な主任設計と翼班長によって巣窟気味だった活動場所も少しこざっぱり改革されました♡

そんなこんなで、これからさらに本格的に活動していきます我々AEROSPACEをどうぞ生暖かく見守ってくださいませ<(_ _)>

スポンサーサイト

翼の桁破壊試験の報告

連投になります。
Φです。

先ほど振り返った夏休みではメカ班の破壊試験でしたが、先日10月11日に今度は翼班の破壊試験を行いました。

前回のメカ破壊試験に比べ異なる点はいくつかあります。
まず、桁の全長が3000㎜であること。
次に、両端にマンドレルを差し込むので、試験規模が十数mにも及ぶこと。
そして何より、メカ班の時より大きくたわむことです。

今回懸念していたことの一つに、時間があります。
今は夏休みも終わり授業期間のため、平日だと少なくとも5時間以内で終わらせることが必要となってきます。
よって試験自体のデッドラインを22:30と設定し、その時間までに終われないようであれば試験は再度行うこととしました。

試験当日は人数の関係上準備が後倒しになり開始時間が少し予定より遅れてしまいましたが、順調に進み目標の60%をクリア後次の荷重の載荷途中で破壊されました
時間もなんと21:30頃に終了し、想像以上にスムーズに進んだといえます。
途中、桁自体は固定していないので載荷中に重りのバランス具合でねじれがかかったり、完全除荷せず重りを取り除こうとしたりとハプニングが多々起こりましたが、最後の最後はCFRPの特性通りにきれいに折れて終わることができました。
※過去には桁に荷重がかかる点の外側2箇所(!?)で折れたりなどしました

今回折れた桁の引張側の写真です。引っ張りに強いというCFRPの特徴が次の写真と比べるとよくわかります。
翼破壊試験1_2018

こちらは圧縮側の写真です。引張側と比べ損傷が激しいです。
翼破壊試験2_2018


前回も、そして今回も小さなミスはあれど試験として失敗することなくクリアできたので順調に進んでいます。
何より、どちらの試験でも事故・怪我なく終わることができほっとしています。
これからの作業も、各班安全第一で行っていきたいと思います。



それではまた!
次の更新は常盤祭あたりになる予定です...。

written by Φ

夏休みを振り返って

どうも、一か月ぶりです18執行代のΦです。

いやー、時間が経つのは早いですね...。
もう学校が始まって一週間ほどたちましたがここで夏休みの振り返りを行いたいと思います。
別に夏休みこまめに書くのがめんどくさかったわけではないですよー(笑)

まずは9月2~3日、近年毎年恒例の夏合宿に行きました!
今年は湯河原でした。
おいしい海鮮のお昼ご飯から始まり、午後は身体能力関係なく皆で盛り上がれるボーリング、宿では温泉、卓球、夜の酒盛り(一部は深夜のお散歩)、翌朝はゆっくりのんびりして昼に現地解散。
振り返ってみると、なかなかエアロらしい二日間を過ごせたと思います。
設計で忙しい中企画担当してくれた主任設計には頭が上がりません。
企画お疲れさまでした!

湯河原合宿

次に、9月22日のメカ班桁破壊試験です。
エアロでは桁を自作しているので、機体用の桁を作る前に破壊試験というものをします。
プレグを購入した会社が示した桁の強度の60%以上の強度があればよいとされており、60%以上の荷重をかけて折れなければ無事クリアとなります。
エアロでCFRPを扱うのは翼班とメカ班なのでどちらも試験が必要となりますが、今回はメカ班の桁試験を行いました。
試験桁は1600㎜程度と短く、必要人数も8人程度と比較的小規模な試験となりましたが、執行代開始以来初めての試験としては非常によい経験となりました。
試験を行うにあたり事前準備が足りなかったところが多く、きびきびとは行きませんでしたが、OBさん方に助言していただきながらなんとか成功することができました。
来てくださったOBさん方、どうもありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

メカ班破壊試験2017

最後は、9月14日に開催した部内飛行ロボットコンテストです。
主催はエアロのOBさん方二人で、一年生たちがチームを作って参加しました。
院生のOBさんによる航空力学の講義を受け、自分たちで設計し製作する本格的なものとなりました。
軽くて安定して飛ぶ飛行機を作ることは難しく、大会当日実際に飛ばすことができたのは2チーム中1チームのみでしたが、素晴らしいフライトを見ることができました。
では当日の様子を数枚の写真で手短にご紹介します。

これが会場の体育館です。
翼支え棒とビールケースでエリアを表現しています(笑)
ひこロボ1

本番飛行開始時の写真です。
操縦士の彼は設計でもあります。
ひこロボ2

途中ロードとしてチキンラーメン(ミニ)をビールケース内に落とす課題があるのですが、それを取り付けています。
何回か挑戦していましたが、垂直上昇のみで落とすため固定の加減が難しいそうです。
ひこロボ3

が、数回の挑戦ののちついにロードを投下することができました!!
見づらいですが、機体からチキンラーメンが離れる瞬間をとらえています。
そしてこの後無事エリア内に落下しました。
ひこロボ4

ロードの課題クリア後は、耐久飛行という課題に移ります。
電池の持つ限りあるいは制限時間になるまでどれだけ飛ぶことができるかという課題です。
このときは、きれいに旋回しながら制限時間がくるまでずっと飛んでいました。
ひこロボ5

このように本物の飛行ロボットコンテストのルールに従いつつ部内大会を行いました。
独自の採点法でOBさん方に採点していただいた結果、彼らの点数は3000満点中1200点という結果になりました!
入部してから間もなく作業の手伝いとTFがある中、団結してここまでこぎつけたのは誇れることだと思います。
19代のこれからに大いに期待ですね!!
お疲れさまでした。
また、自身もお忙しい中開催していただいたOBさん方にも感謝申し上げます。


さてさて、エアロの夏休みの大きなイベントは以上でございました。
文字に起こして振り返ってみると、意外と盛沢山だったことに自分でも驚いております。
中でも、桁破壊試験をメカ班だけでも夏休みに終わらせられたのは大きかったなと思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。


ここから宣伝タイム!!
公式ツイッターでも紹介しましたが、エアロは11月3~5日に開催される横国大学祭、常盤祭にて焼き鳥販売と機体展示を行います!!
機体展示では、先ほど振り返ったひこロボの機体も展示予定です。
ぜひ足をお運びください!!

それではまたお会いしましょう。

written by Φ

改めて、18執行代発足です!!

発足式

おはこんばんちは。
どうも、18執行代ブログ担当(自称)のΦ(ふぁい)です。
18代としてはメカ班長と副代表を担当します。
これから一年間よろしくお願いしますm(_ _)m


さて、17代の先輩方が引退されてもう2週間以上がたちますが、メリハリをつけようということで本日18代発足式を行いました。

今日皆で話し合ったことは、
・18代の目標
・一年間の各班の作業予定
の主に二つです。

まずは目標から。
18代の大きく掲げる第一の目標は、
先尾翼機で1km定常飛行を行う
です。
昨年、横浜AEROSPACEは約100mのフライトを複数本実現しました。
チームとしてここ数年で一番と言っていいほどの成果をあげています。
これを受けて、18代は17代の機体”飛雁”の改良機を作成し、さらに飛行距離を延ばすことを目標に掲げました。

次に、作業予定について。
昨年は、改めて全体で各班の作業工程を確認したりはしなかったのですが、今年は作業を本格的に始める前に全体で共有することにしました。
なぜなら、現役が2年5人、1年11人だからと、作業人数に対して作業工程が多すぎるからです。
今まで使いまわしてきたものが次々とがたが来る上、もちろん設計も異なるので使いまわせる部分は数えるほどしかないのが現状です。
作業が多いが人数が少ない。
そんな状況ならお互いに助け合える環境が必要で、作業予定の共有はこの環境づくりに一役買うはずです。


…と長々と語ってきましたが、つまり今回の記事で言いたかったのは
18代、発足式したってよ
ってことです(笑)
いろいろ書いたのは決意表明と備忘録の意味です。

書くのを忘れていましたが、この記事がこの新ブログ(!)の記念すべき初投稿になります。
これからはこのブログを動かしていきます。
記事としてきちんと記録しておきたいこと、や正式なお知らせなどはブログで行いますが、日々の作業記録はTwitterがメインになります。
いやはや、便利な世の中になったもんだ。

さて、かなりの長文となってしまいましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。
これから楽しい1年でありますように…!!

written by Φ

p.s.スマホ版で見ている人はぜひpc版でご覧ください…(/・ω・)/ヘッダーニチュウモク!
プロフィール

YokohamaAeroSpace

Author:YokohamaAeroSpace
横浜国立大学の人力飛行機制作サークル「横浜AEROSPACE」の公式ブログです。
全国でも珍しい”先尾翼”という機体を作成しています。

※2017年8月の執行代交代を機に、新ブログに移行しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR